◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ヘアーカラーのカタログ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


ヘアーカラーを選ぶのなら、カタログを見て選ぶと便利です。
色や種類が多く、写真や画像などで見ながら考えた方がイメージがわきやすいです。
髪質などによっては、思っているような質感や色が出せないかもしれないので、美容院で相談してやってもらうとよいです。
ヘアカタログを見れば、最近の流行や人気のカラーがわかります。
特にアッシュ系の色がはやっています。
アッシュ系の色は、はやってはいますが、日本人の肌や目の色だとあいにくいという難しさがあります。
アッシュブラウンは、女の子でよく見かけるとてもかわいい仕上がりになります。
髪の色は肌や瞳の色に合わせるとよいですが、逆に髪の色に合わせて、日焼けしたり、カラーコンタクトをつけるという方法もあります。
美容院だとお金が結構かかるので、節約したいのなら、市販のブリーチやヘアカラーを購入して、使用するとよいです。
ヘアマニキュアやカラーリンスなどを使用すれば、皮膚が弱い人でも、使用することが出来ます。
ブリーチなどは、やはり皮膚に負担が強いので、心配な人は少し、試してみてから、本格的に使用すればよいです。
髪の毛を染めるのが当たり前になっていて、特に若い女の子だと、髪が黒い人を見つけるほうが難しかったりします。
黒い髪もなかなかいいと思うのですが、めったに見かけないので、あまりはやっていないのでしょう。
色を変えると、伸びてきたときに境界が出来てしまうので、定期的に染め直す必要があります。
たいてい、2〜3ヶ月に1度は染めますが、ヘアマニキュアの場合は、1ヶ月ほどしか持たないので、そのつど、やりなおす必要があります。
ヘアマニキュアの場合、落ちやすいことを利用して、ちょっと試してみたいときや、頻繁に色を変えたいときには適しています。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)ヘアーカラーのカタログ