◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カメムシ駆除
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


カメムシ駆除は、毎年大変です。
あの臭い虫を退治しないと、夜も眠れません。
うっかり電気をつけたまま、しかも、窓を開けたまま眠ってしまうと、起きたときに部屋が緑色になっています。
田んぼでも防除しないと、斑点米ができてしまいます。
ただ、カメムシという虫そのものは存在しません。
クサムシとか屁こき虫という呼び方もあります。
くさいといっても常にくさいわけではなく、刺激を与えるとクサイ臭いを発します。
そのため、1匹見つけたくらいのときなら、そっと、捕まえて外に逃がせば大丈夫です。
くさいだけでなく、辛いんです。
うっかり食べたりしないようにしましょう。
幼虫は杉や檜の実を食べます。
そのため、杉や檜の実が豊作だった次の年は注意が必要です。
大量に発生してしまいます。
稲だけでなく果樹園などで被害を受けることもあります。
そのため、農家にとっては害虫として、頭を悩ませています。
農薬で防除、駆除したりすることもあります。
カメムシの中でも、アブラムシやアザミウマなどを捕食して、アブラムシやアザミウマなどの天敵となっているものもあるので、逆に害虫駆除に役に立つこともあります。
卵寄生バチというカメムシの天敵もいます。
卵に寄生して、そこから蜂が孵化します。
通販でもいろいろな殺虫剤が販売されています。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)カメムシ駆除