◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
深爪の治し方
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


深爪の治し方といっても、ただ伸びてくるのを待っているだけではありません。
それだけでは直すことができるものではありません。
特に爪を噛む癖がある人はいつまでたっても治らなくて、困っているようです。
原因は短く切りすぎたことだけでなく、そもそも強度が弱く、二枚爪などになりやすいことも関係しています。
ネイルサロンではでアクリル製の人工爪を使って、数千円の費用で、解消してしまうこともできます。
このように矯正することはできますが、根本的に治すためには何ヶ月かかかります。
また、深爪のせいで、ネイルができないという悩みも結構あります。
そもそもネイルは爪を伸ばして、上に塗るタイプとチップをつけるタイプのものがあるので、短いからといってできないわけではありません。
ただ、貧弱な見た目だから、ネイルをしてもらっているのを見られるのが恥ずかしいという場合は、個室のサロンに行くとよいです。
赤ちゃんの場合は親が切ってあげるので、あまり神経質になりすぎると、短くしすぎてしまうことがあります。
でも、あまり切らずに放置すると身体をかきむしって血が出てしまうこともあるので、心配でついつい短くしてしまいます。
赤ちゃんの場合は特に巻き爪になりやすいので注意が必要です。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)深爪の治し方